<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

数か月ぶりに甦ったパソコン!!  

0

    ここ数か月というか1,2年か?ブログの記入そのものをずっとスマホからやってて字が打ちにくくて大変面倒であった。タブレットも使っていたのだが、これがまあ1年くらいから、電源コードを入れてるのに接触が悪く、ランプがついたり消えたりしてる。差し込み口が曲がったのか?仕方ないので買いなおせば治るのかと思って、取り寄せしてみたがあまり改善されず、ついにどう入れても反応しなくなってしまった。まずい、これしかpcメール受信できないのに・・。

    この不具合に悩んでいた昨年の秋、中古のpc販売会があったので、そういうのでいいや、と会場に出向いて格安で手にはいれておいたのだが、家に帰ってきてインターネットに接続出来るところまでは成功したのだが、どういうわけかメール設定が全然だめ。無線LANの電源を一度切ればうまくいくこともあるので試したがだめ。2日くらい頑張ったが無理。

    まあそれでもネットだけは見られるから、そのうちやるか、と放置したまま、調子の悪いタブレットでメール受信したのを見て使っていたが、いよいよメールも受信してるのかどうかも確かめようもなくなったし、どうするかと。

    そこで、そのタブレットを買った時に、困った時に助けてもらえるサービスには加入しておいたので問い合わせをしてみる。

    うまい具合に、新しく買っておいたPCも同じ会社の製品だったので、タブレットは修理を受け付けてもらい、家に訪問してもらってメール設定を依頼することが出来た。この依頼もタブレットが死んでるからネットから出来ないし、なんでもノートにメモをしておいたおかげで電話番号もわかってかけることが出来た。ただ、最近はどんな電話でもいつも混みあってて散々待たされるのを覚悟しないといけなくて、朝10時からでないと電話かけられないので大変だったが。ようやくつながって、事情を説明したら、夕方6時でよければ明日行けると折り返し連絡がついたので、狂気乱舞して待っていた。

    若いサービスマンの方が来て、きびきびと設定を進めてくれた。このPCを買ってから電源は入れていたがメールが出来ないのでやはり見ても仕方ないと思って放置していたので、いわゆる更新プログラムがたまってしまったせいで速度が遅くて、メール設定にも時間がかかり、今までのメール受信もたまっていて時間がかかるというようなことを説明してくれたのだが、待っている間にスマホでも同じメールを見られるようにしましょう、とそちらも設定してくれた!これはすごい!もうありがたい、なんて言葉ひとつじゃ足りないくらいの感動だった。

    できましたよ、と画面にメール受信してるのが見れた時は、これでやっとこのPCも本物になった気がした。

     

    電脳音痴すぎて、携帯だろうがスマホだろうがどうせ対して使えてないし、字の入力も下手だとか、かつてデスクトップパソコンが悪いウイルスにやられてまっさらにしなくてはいけなくなり、徹夜で電話サポートの指示を受けながらやった時の話、その騒ぎで写真を全部印刷するしかなくなってえらい目にあってからは恐怖で、PCにデジカメ画像を入れられないといった話をしたのだが、新しいパソコンに買い替えたので、古いのに入っているデータを移したいというお客さんの依頼などもあるが、あまりにもたくさんあると移せないとかとも聞いた。むしろ何にも入ってないからタブレットも修理に出しても未練もないというか。

     

    こうやってブログを書くのも、ちゃんとしたパソコンのキーボードが打ちやすいし、これで安心して使うことが出来るので本当によかった。頼むからなるべく壊れないでくれー。

    風雅 舞 * 生活 * 23:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    初めての布施書き前にご朱印巡り。

    0

      今日はお寺の布施書きの日。布施書きとは何ぞや?家の寺は年一度やるらしいし、もう旦那さんとこういう行事もやらなくてはならないため、参加するため休む。しかし開始画17時からで駅に13:30集合だから、沿線でご朱印巡りをする。


      西武新宿線の新井薬師前で下車、南口から徒歩8分くらいで新井薬師につく。あまり案内板とかなくて不安だが、誰かの口コミで商店街を歩くとあったのでそれらしい通りを歩いていく。一度人に聞いて、右の方に曲がると突き当たりにお寺があった。

      静かできれいな境内。お詣りしてからご朱印をいただく。眼病に効くらしくお守りも色々あった。

      往復移動時間と電車待ち時間でぎりぎり13:25に沼袋駅に着いて、寺に行く。

      全く、あの寺にこんなに人が集まるのかというくらい詰めかけてて、ホール前の方に座り、法話をきいて、次に本堂に移動、席取り合戦になるため旦那さんが先に前に座ろうと言った意味がわかる。

      お坊さんが8名くらいきて、賑やかにお経をあげ、ご住職が檀家の名前をすべて読み上げるので、1時間くらいかかるため凄かった。なるほど、系列のお寺同士で連携して出張協力してやる一大イベントである。

      お焼香も回ってくるし、散華もやるので、これも初めて阿弥陀さまの絵の描かれた紙の撒かれたのももらう。

      全て終わると卒塔婆を受け取り、墓に供えるという段取りだ。


      16時頃になったが、ここから氷川神社がすぐなので参拝に行った。まだ茅野輪があった。





      境内に七福神もあり、他にも稲荷社などいくつか。神楽の舞台もあり立派な神社である。

      無事にご朱印もいただけた。

      風雅 舞 * 御朱印 * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      柔らかもので着付け教室

      0

        一番付き合いの長い呉服店で、2,3年前頃から着付け教室が開始されたそうだが、まあ自分で着られるから行ったことはなかった。しかし、いつまで経っても名古屋帯が下手だし、よく行く別の呉服店のワンコインレッスンは曜日が決まってて仕事の休みと合わない時はダメ。今回、初めて担当の人から開催日時の連絡があり、早いうちに希望日時を伝えたので、どうにかこの3ヶ月は月2回を予約出来た。

        社員さんがマンツーマンで教えてくれるとのことで、最初はこの夏の絽の単衣に、夏の博多帯で行くつもりで練習していた。


        しかし、練習だからやりにくい袷のやわらかものに名古屋帯にしてと言われる。


        柔らかもの?小紋?

        はて??

        ビックリするくらい、割といつも着るのは紬ばっかりだったし、訪問着は大げさだというとどれだ?

        多分3,4年前に一度着ただけのこの江戸小紋を思い出して引っ張り出す。帯は気に入ってるけど柔らかくなりすぎて締めにくい博多帯にした。

        最初は第一回目ということで、長襦袢の補正の予定らしかったが、まあ着れるため、シワの始末のやり方を聞いて、だぶつきの始末と伊達締めと進み、着物へ。

        こちらも上前、下前と合わせる時に、上にあげようとしないで、まっすぐまき付けて最後にこぶし1個分だけあげる、と注意を受ける。また、最初に腰から下だけ整えるから袖の下からきれいに左右落として合わせれば背中心がずれないとのこと。

        襟合わせも、指関節を目安に幅を決め、下と上で一度ずつさっさとひっぱると、おはしょりの下のラインがきれいに整うとのこと。なるほど!

        ベルトをなるべく上の方で交差し、その下からまたシワをひっぱって伸ばし、だぶつきの始末。伊達締めで整える。

        帯へ。

        手先を背中心より右にずらしてから垂れと交差して締める。

        広げて仮紐。

        帯枕、まっすぐの方をお尻に当て、親指人差し指は外の帯を触りシワを伸ばす。あと3本指は枕をしっかり持つ。

        枕を持ち上げ、紐は帯板の中のヘソくらい深い位置で括って押し込む。帯揚げは軽くしばる。

        最初の仮紐を外して、巻いた帯から指4本分の位置に垂れを合わせて、左手で垂れの真ん中をしっかり持つ。

        右手で垂れをあげて、指1本分の垂れになる位置まで調整して、仮紐をきっちり結ぶ。仮紐ぞいに、止めておいた手先を迎えにいく。左右3cmくらいの位置に合わせ、左が長ければ中に折り込む。

        左から右に帯締めを通す。

        帯の下線を左右きれいに整える。

        この仮紐から折りあげるやり方が難しく、手が釣りそうになった(/_;)(>_<)

        このやり方で出来るようになるのか凄く怪しいよう?難しくて手が痛い!!

        枕がゆがまないしシワも少ないからいいんだとはわかるけど。ひええええ!!辛い!


        まあどうにか何度か繰り返したが、名古屋帯が大変だわ。疲れた。

        風雅 舞 * kimono * 21:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        着物ライフが充実しそう。

        0

          前に呉服店で受注しておいた麻の帯板。

          受け取りに行って目についたレース足袋も一緒に買ったら、たまたま店が20%オフの日だったのでお得に買えた。

          それから、こちらは約3週間くらい見つけてから考えてた雨コート。4,5と呉服店のランチ会が雨にあったが、イマイチ持ってる雨コートの色が派手になってて持参も気が進まずで、実際参加した人で途中から雨コートを着てる色も観察したが、まあ悪いけどパッとしない。

          着物が濡れないのが前提とはいえ、あれは着たくない、思うようなのは最初から着ないし、準備の段階でもカバンに入れたくないくらいじゃ意味がないし。

          呉服店にも相談したが、2部式で受注で5000円くらいだと言われ、そこまでして欲しくないかと。

          ふと、今流行りのメルカリならどうかと思いつく。早速検索してみたら、なるほど、まあサイズに注意はいるが、色々出てはいた。

          ただし、我々の親世代の物が圧倒的に多いせいか、まあ95%くらいが赤というか朱色みたいなのばっかり!

          雨コートに限らず、昔の道行きコートもそんな色のがすごく多かった。

          着物を着始めると、季節によって上に何か羽織らないと恥ずかしい、という決まり事があり、最初は母親が用意してくれた道行きコートをあるから使う意識しかなかったが、呉服店の専門家からは「お願いだからあの朱色のは辞めて。」と注意された。一番上に着るし、もしかしたらコートはもう一生一つしか使わないかもしれないのだから、間に合わせじゃなくて色も柄も気に入った1枚にするべきだと。今ならこの忠告はよく理解できるし、決してコートを売りたいだけの言葉じゃないなとわかる。

          だから同じことが雨コートにも言える。

          雨降りそうな日は着ないとか、降ってたら着ない、あるいはポリ着物という選択肢もあるが、この2回の着物ランチ会に雨に合うとね、さすがにポリ着物じゃ嫌だから絹のを着るし、いくら大きめの傘にするといっても気にはなる。洗いにだせばいいとはいえ、やはりいざという時には雨コートの用意は安心だし、もちろんそれを着るのが恥ずかしいと思うのでは間違ってる。

          ということでこちらの雨コートが一番気に入ったし、値段もかなり手頃で、絹の雨コートがこんな値段で手に入るわけない、この色なら後10年経過しても恥ずかしいことはないか、と散々悩んでやっと決心してゲットした。

          これで、どうしても着物で外出したいが天気が怪しい日も準備していけば安心だ。


          着物を着るということはそのくらい、休みのこの日にあれを着よう、この帯に帯締め、帯留め、とあれこれ組み合わせを考えるのも楽しいし、美術館なんかだと琳派だから草花の柄とかガラスの帯留めがいいかとか合わせて考えたりするので、雨だから辞めたというとまあ理想は最低でも月一度は着物と思っていても中止すると機会がどんどん少なくなる。


          せっかく晴れ雨兼用の秘密兵器(^^)の草履まであるのに。

          もう午後から雨だの、夕方から雨だの天気予報に悩まされないで、着たい日はばんばん着物で出かけよう!


          暑い季節になるから、ピラピラのしょぼーいメッシュ帯板もお払い箱にして、このしっかりした麻の帯板に活躍してもらいたいし、浴衣にレース足袋をやりたかったので、ぜひ今年はこれで。

          風雅 舞 * kimono * 23:18 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          映画アラジン鑑賞とギュスターヴ・モロー展

          0


            人気の映画アラジンを観てきた。

            シンデレラ、以来ディズニーの実写映画はかなり期待出来ると思って前売りチケットを抑え、土曜午前中に行く。

            アニメの時は絵のタッチが好きではないので全く見たことがなく、話も知らない。

            曲だけは有名で知ってたくらい。

            ウィル・スミスのジーニーは面白そうと思っていたが、ヒロインのジャスミン役の女優さん、たしかSWのローグ・ワン主演してたひとだから芝居もよいし、まさかあんなに歌えるとは!賢くて強い女性で魅力があり、ジーニーも傑作な演技で間違いなくよかった。

            むしろ、日本語吹き替えも見に行きたいと思うくらい。


            さて、近くでラーメンを食べてから午後をどうしようかと。天気が半端ない悪い日でいつもならすぐ引き上げて家でこもるところだが、ギュスターヴ・モロー展が23日で終わるし、珍しいから逃すとまた数年は見られないかと考えて、頑張って行くと決めた。


            新橋の駅構内がわからないので困ったのだが、地図アプリをぐるぐる回しながらパナソニックのビルを探す。慣れてないとダンジョン!

            地下2階から入れとの指示、実質1階に感じる扉横に傘立てがあり、面倒だからそこて預け、エレベーターで美術館に。

            幸い人は多いけど少し待てば最前列で見られた。

            サロメ作品がかなりあったが、顔の表情をはっきり描いてないのが多い。

            作品の大きさも小さめのだとやや見にくいが、独特の色使いで一度見れば忘れない印象が強い。

            展示室の後半になると、大きな作品にはっきりと表情の描かれたものもあり、わかりやすい方が好きかなあと感じた。

            1時間半ほどで見て出て来たら町だの列で入場制限してたからビックリ(゚o゚)/!あのひどい雨のさなかでもみんな来るんだと。

            風雅 舞 * 美術展 * 20:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            小田急沿線でご朱印巡り

            0




              小田急線沿線にある、世田谷区の豪徳寺に行ってみた。昨年末に小田急沿線ご朱印マップなる小冊子を配布していたのをもらい、明治神宮やら江ノ島神社やら少しづつ参拝しているのだが、この豪徳寺は急行が停車しないので、意図して降りない限り一生通過で終わりそうだったため、この日は先に降りて行くと決心していた。

              案内の地図どおり、駅降りてからは商店街を歩くが、鉄道沿線の紫陽花や立葵が美しい。途中、いきなり住宅街の中を歩いていて道になって少し心配になったが、確かに10分くらいで到着した。


              山門くぐった正面にある香炉?獅子の足元の玉が可愛い。


              境内にある、大変な数の招き猫!なるほど、外国人もたくさん訪れているわけだ。インスタ映えするんだろう。

              様々な大きさの猫を売っていて、買って願いが叶ったら御礼に納めにくるらしい。

              早速自分も一ついただいた。


              青もみじもきれいで京都の庭みたい。

              この塔の彫刻も素敵。



              沿線の紫陽花など。


              駅前のイタリアンの店でランチした。


              次に代々木八幡で降りて、代々木八幡宮へ向かったのだが、どうも南口から行く方が近かったみたいで失敗。駅では北口の方に名前があり、看板なんか見て進んだが、住宅街を歩いてもそれらしく標識がない。

              すごい坂道の横に何とかセンターがあり、裏が神社の車用駐車場入り口の字を見つけたため、ぜいぜいして登って到着。

              茅野輪くぐりがあり、指示とおりにして参拝し、ご朱印もいただく。

              帰りは大通りに出る方の石段を降りて、あちらか?と予測しながら歩いて横断歩道を渡り、坂道を下って駅を探す。

              実は目の前なのに地元の方に聞いてたどり着いた。

              案外時間がかかったが、これから美術館に向かうことにする。

              風雅 舞 * お出かけ * 21:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              東京都美術館でクリムト展

              0


                新美でもやってるが、こちらを見てからの方がよさそうなため先に見ることに。

                午前中はご朱印巡りをしていたので、午後になってしまい、着くと20分待ちの掲示が!

                しまった!

                しかも15日までは学生無料みたいな期間に辺り、ますます混雑してる様子。


                そしてやはり最初の展示室が激混みしているため、仕方なく2,3列目で写真やデッサンのは流して見ることに。

                途中から何とか最前列に移動出来たのだが、どういう具合なのか一向に進まなくて牛歩である。

                それでも展示室を移動するに従い、多少はばらけてくるのでだんだん見やすくはなった。


                目玉であるユディト気亘榲に不思議な絵で、退廃と官能と金箔のせいか絢爛でもあり、右下の生首の存在感が薄くて、他の画家の同じ題材とはかけ離れた作品である。


                また、ベートーベン・フリーズの再現の展示も興味深いものだった。

                最後の方にある女三世代の描き方も独特。

                生命力にあふれた赤ん坊と若い女性の肌の色艶、緑の植物の動きと、左の老人のひからびた肉体、浮き上がった血管の生生しさ。

                強烈な印象を与えるし、誰が見てもあの作風はクリムト、とわかる個性は凄い。


                では、個人的に好きかねと聞かれたらそうでもないと答えるだろう。

                中々印象派ほど展覧会もやらないし、美術好きとしては行っておきたいとの思いで前売りチケットも買っておいたが、自分の目でちゃんと見ても、脂っこすぎる中華料理みたいな感じであった。

                だから珍しい風景画は気に入った。

                それでも一度でも見たのはよかったと思う。

                風雅 舞 * 美術展 * 20:45 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                残念な現実と向き合って。

                0

                  いわゆるジム通いを始めて30年近くなるのだが、痩せたいだの、スタイルをよくしたいだの、というのはもはや幻想。

                  まあ楽しいから続いてたということはあるが、ここ数年はあまりにもあちこち痛くなって出来ないことが増えてしまった。

                  あんなに好きだったステップはもう出来ない。ウォーミングアップで痛い、辛いと思うんじゃやはり無理。

                  1週間に一度しか出ないエアロビクスも、筋トレが増えてかなり辛い。

                  ヨガもなんだかんだで休みの日しか行かないし、それもキツ目のしか出れない。本当はリラックスヨガが好きなのに。

                  月額と内容がまずくなったのがきっかけで今のジムに変えたんだけど、当初と違って痛い身体になってから、まあ自転車で行く回数も減って、仕事の日は行かないし、朝早くから開いてるのがいいくらい。

                  一駅近い所に新しいジムが出来て、娘はそちらに変える!とヨガスタジオを退会してきたし、プログラムを見せてもらうと案外よさそう。月額も今より安い。

                  近いから仕事行く前でも出て帰宅しても間に合うかも、と考えるとやはりこちらの方がいいかもと思うようになってきた。

                  明日いつものジムに出てから帰りにそちらを見学して決めようかと。

                  それほど超お気に入りの先生がいるわけでもないし、仲良しもいないし。

                  本当は大好きだったアクアビクスも、今のところはプールがない分料金が安いからと諦めたんで、こちらに変えれば週何度かやるチャンスもあるのは魅力的。プールの中で歩くだけでも運動になるし、膝や腰に問題がある身体にもありがたい。

                  前向きに検討しよう!

                  風雅 舞 * 愚痴・ひとりごと * 21:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  空母いぶき

                  0

                    予告でなんかよさそうだと思ってたので、1日を使って鑑賞。

                    凄く迫力があり中々の臨場感。

                    そもそも空母、って日本にはないはず?だから漫画原作か?で、あるとしてどうする、というのが、政府関係者の防衛出動、するかしないかの葛藤、現場の自衛官の考えや判断を丁寧に描いていて、ハラハラしながら引き込まれた。

                    俳優陣が豪華。西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市、中井貴一、吉田栄作、眦萓宏など。

                    自衛隊の装備のことなど知識全くないが、潜水艦やら護衛艦やらの役割もわかりやすく見ることが出来てよかった。

                    風雅 舞 * movie * 18:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    tokyo2020にエントリー

                    0

                      さて、いよいよオリンピックが来年の夏ということで、チケットの抽選受付けとかなり現実にせまってきた。新聞は切り抜いておいて気にはしていたが、いざ登録しようとしたら、まあ、これがすんごく面倒くさかった……。スマホでやったんだけど、わかりにくいし時間かかるしで、なんかもう2時間くらい延々とやって、何とか登録までこぎつけて、ここからチケットを選ぶのかと思えば、今度はその部屋に入れないって・・・。待ち時間60分とか。いや、さっきようやく終わらせて夜中の0時すぎだよ、このまま寝ないで待つのは無理と放り出した。それからまた数日過ぎてしまい、さすがにまずいと思って、昨日頑張ってやってみたが、いろいろ選んでカートまで行くと、急に第2希望登録しますか?とかと出てくる。へえ、じゃあやろうかと思うと、同じセッションは申し込みできない云々???わかりにくい。つまりサッカーばかり第一第二とは出来ないもよう??あのみんなで応援2020チケットも席種のところですぐ出てるわけじゃないので、あれ??とこれもわからないし、当たるかどうかももちろん難しいけど、あのサイトの方式はこれほどフィギュアだ、小田さんだとイベント抽選を申し込みしてる自分でもやりにくく難しくて疲れたので、自分でこういうのに全く今まで行ったこともない人がいきなり登録だの申し込みだのをやるにはかなりしんどいのではと思った。そして28日までだから、またギリギリになったらサイトに入れないみたいな事態が起きそうだ。

                      管理は大変だとはわかるが、もう少しなんとかならなかったのかねと思う。

                      娘もだんだんわからなくなってくるよね、と苦笑いしてた。もはや自分が生きてる間に五輪開催国になる日はないだろう、神様にお願いして頑張ろう!


                      続き!!

                      28日になり、今日締切なんだよね、やっておいてよかったと思ってたが、なぜかメールが来て、カートには入ってるが申し込み完了まで行ってない人に送りました、だと?

                      おや?

                      完了したつもりなのに?

                      購入履歴?を見たが、確かにやってないみたいな?

                      で、またしても58062人くらいが並んでて待ち時間60分だと。

                      もう仕方がないから、延々とこの待機画面出したまま。60分過ぎて待ち時間残りが減ってきたと思いきや、また何故か増えてしまい、18分、17分、ときて15分から全然減らない!画面壊れてないんかねと心配しながらとにかく待って、結局メール見て対応してから3時間半くらい待ってたかも。

                      で、最初の日にち選ぶ画面からになってるんで、変だなあ、カートにいれて合計いくら、までは済んで保存されてるはずなのに、これも丸ごとやり直し?と思って第一希望のから入れたら、それはカートにある、確認しますか?みたいになったので進んだ。

                      確認ボタン押したはずなのに、これもなぜかVISAカードの説明画面になってしまい、しかもこれとチケット申し込みとは関係ないのに、と一度落ち着こうと画面を戻したら、一番下にVISAがスポンサーで出ていたから、間違えてそこを触ってしまったらしい。

                      再度ボタンを押して、ようやくすべての競技の種類や金額などの一覧画面までたどり着き、最後の規約確認ボタンをして、申し込み完了までどうにか終われた次第。

                      でも先日確認ボタンまでやったつもりだったのに、なんかもやもやはしたが。

                      まあそれでも間に合ったからいいが。

                      ニュースでも言ってたが、サイトの混雑のために締切を半日だけ延ばしたので29日の11時までは大丈夫だと。


                      まさかこんなことになるとは。

                      やはり電脳音痴にはなかなか敷居が高かった。疲れた。

                      風雅 舞 * 愚痴・ひとりごと * 23:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ