<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019世界ジュニア選手権の感想

0

    さすがに夜中にライストにつきあう元気はないので、SNSで情報だけつかんでいたが、ダイジェストでも深夜にテレビ放送があったため演技を見られた。

    まあ、女子がわかってはいたけど、ロシアの4回転成功が凄くて口あんぐり。

    アレツルちゃんの4-3とか、ただでさえ凄いのに加点がまたガンガンついてるので、あれじゃ誰にも止められないわと。

    彼女たちがシニアになり、3年くらいして成長した身体でどうなるのかはわからないけど、現時点であれだけ出来るのは事実でひたすら驚くだけ。

    日本の課題。SPをまずはきっちりやることかなあ。国内選手権ならばFSで逆転の台乗りは難しくないけど、緊張する大舞台という条件はみんな同じだし。

    いくら後から追い上げてFSでノーミスして最高得点を出しても、最初のSPの貯金は大きいのだ。

    技術の話では、ステップでまだレベル2の人がいるのが残念。4とは言わないけど、せめて3は取れないと。

    今回のルール改正でとにかくジャンプのできばえが点数に影響していたが、ロシアの女子二人は除外するとして、他の選手がたくさん加点をもらったかというとそうでもない印象であったので、正しいエッジで回りきって降りる、のを頑張って練習してほしい。まだみんないくらでも成長してくれるだろう。


    世界の壁の高さを知るのも大事な経験。

    それにしてもやはり3枠というのは超絶難しいと感じた。

    シニアの皆さんにも頑張ってもらいたい。

    風雅 舞 * スケート * 10:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    そうだ、京都行こう!紅葉狩りその2

    0

      京都二日目。2018.11.21

      ホテルから歩いて、朝散歩で西本願寺へ。

      菊がきれい。そして建物がでかい!

      大きなポプラの黄色の紅葉が有名らしいのだが、全くそんな色じゃない。天候不順のせいみたい。


      さて、今日は北野天満宮へ。ここの御土居の紅葉が実に素晴らしかった!

      静かで、側に流れる川の水も、そこに映る紅葉も素敵で、どれくらい撮影したかわからないほど。






      もちろん、しっかりお詣りしてきた。

      水のおみくじというのが珍しくてやってみた。このように水に濡らすと字が出てくる。乾くと見えなくなる。

      こちらの御朱印は書いていただけたので、実に記念すべき、第一号となった。

      今度は嵐電で嵐山へ。北野天満宮から嵐電乗り場まで歩いて行けるからよかったんだけど、着いたら「もう出るから早く早く」とせかされて、いきなり飛びのったんで焦った。あれ、料金は?と。着いてからSuicaで払えたんだけどビックリした。

      昼どきだが、凄い混雑だから、もう入れる店で相席でうどん定食ですます。

      渡月橋からの眺め、山はあまり紅葉してるようには見えない。

      天龍寺へ。庭の拝観だけにするが、あんなに広かったかなと。こちらも見事である。


      黄色のモミジも美しい。


      竹林もまた素晴らしい。

      ここのモミジの絨毯みたいな光景、みんな撮影しようと大人気。

      もう少し晴れてれば、とは思ったけど、美しい庭だった。

      隣の宝厳院にて。こちらの紅葉も素晴らしかった!

      帰りの新幹線が遅い時間に予約してあるので、土産店を冷やかしたり、レモンきゅうりの食べ歩きしたり、かなり散策して、日没でもう暗くなり疲れたあと、嵐電の嵐山駅のホームにある足湯に入る。

      料金払って足拭きのタオルもついてくるので、しばしのんびり。助かった!

      でも電車はJRでないとまずいので、また暗い道を歩いて移動。

      ホテルまで戻り、預けていたコロコロを引き取り、最後の土産を済ませ、喫茶店でコーヒーを飲んで、駅弁を夕飯にして帰路に着いた。

      風雅 舞 * * 21:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      そうだ、京都行こう!紅葉狩りの旅その1

      0

        京都の紅葉が見たくなり、娘と行って来た。

        2018.10.20-21

        まずは宇治の平等院へ。予想より紅葉は進んでなくて、一部の木だけが紅い感じだった。

        イマイチ雲も多く、これでもよく撮れた方か。


        近くの店で湯葉豆腐と茶そばの定食、美味しかったし、土産で焙じ茶も。

        この後は醍醐寺に行ってみたのだが、はるばる乗り換えて徒歩15分くらい頑張ったのだが、山門前の雰囲気から紅葉してるようには見えないし、拝観料が1500円だったし、天気も怪しくなってきたので、今回はやめようと引き上げる。そのまま東福寺へ。

        こちらはそれでも最高まではいかないものの、紅葉はしてたから橋からの眺めを堪能出来た。さすがに観光客が多い。

        別料金で庭も見学。

        抹茶で一休み。何とか今回の目玉である、東寺のライトアップに間に合う感じだった。

        ツアーで17時から入れるように予約がされていたので、京都駅から歩いて、まさに17時5分前くらいに着く。既に20名くらい並んでいた。それにしても、もうその時間だと本当に暗い!

        最初の15分程は暗いままの庭園を進む。特別公開の五重塔の中や仏像のあるお堂などを見ていたが、時間になり外のライトアップが開始されたら、もう別世界だった。


        このように、水鏡になる塔の美しいこと、モミジの美しいこと、感動した!

        よかったね、と出てきたら、テントで限定デザインの御朱印帳とトートバッグはどうですかと熱心に声を掛けられた。これ、どこかのお寺のお坊さんが描いたそうで、神社も寺も教会もあってすべての宗教OKとのこと。

        絵も可愛いし、バラ売りはここだけというので、では、と買うことに。せっかくだからと東寺の御朱印をいただく。いわゆる書き置きのもの。右が東寺で左が21日の天龍寺のもの。



        もう一つ行けるということで、また京都駅から地下鉄を乗り換えて東山駅最寄りの青蓮院門跡へ。このブルーのライトアップが時間によって変化していくのが不思議で素敵だった。

        早速こちらでも御朱印をいただく。2種類あるというので両方。


        さすがにお腹も空いたので京都駅でパスタで晩御飯。盛りだくさんだった。

        風雅 舞 * * 21:04 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        明治神宮参拝。1月5日。

        0

          初めて明治神宮に初詣。三が日も過ぎたし、土曜日の午後3時くらいに着くように出かけた。大晦日も元旦も仕事で、2.3は恒例の箱根駅伝を見ていたし、着物着るなら今日だと思って、赤の蝋纈の叩きぼかしの着物にする。作家先生ので、非常に素材が素晴らしく気持ちがよく、脱ぐのが残念なくらいな着物である。

          コートも、昨年末にセールで見つけたケープ型のを初めて着てみた。ウール100%で軽くて暖かいし、なんか帯も紫、全体が赤系の組み合わせであった。こういうコートがあれば、気軽なお出かけにさっと羽織れていいかと憧れていたんだけど、実際に着てわかること、ある動作がやりにくい。


           さて、明治神宮だが、いやはや見通しが甘く、まだまだ大混雑で、参拝まで1時間も並ぶしかなかった!ご祈祷をする人だけ警備の人が通してくれるが、御守り、御朱印、お詣りはすべて列に並んでくれと。

          せっかく参拝するから御朱印が欲しかったのだが、どちらで受け付け照るのかもわからず、ひたすら参拝出来るまで待つしかない。

          本殿の右方面に御守りの授与社があり、さらに先のテントで書いていただけた。

          参拝にはかなり外国人もいてビックリした。

          風雅 舞 * kimono * 09:31 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          日比谷のプラネタリウム

          0


            昨年の12月19日にオープンしたばかりのコニカミノルタプラネタリアTOKYO に行ってきた。というのも、12月に近くの博物館にあるプラネタリウムで、以前一度見て感激した「銀河鉄道の夜」がまた期間限定で上映されるというので娘と見に行って、またどこかでいいのがないかね、と検索したのがきっかけ。新しくできた有楽町マリオンにあるみたい、と。集団体験型VRアトラクション?それは何?バーチャル空間を最大24名で同時に体験できるアトラクションとある。内容が「NIGHT CRUISING」実在する街並みを幻想的なVR空間として構築、互いにコミュニケーションを取って散策しながら星空を楽しむんだと。

            後、多目的デジタルドームシアターという方でLIVE ACT PLANETARIAというのがあり、アクターによるライブパフォーマンスと星空解説が融合とあり、ビーズクッション席と椅子席になってる。これも興味を惹かれたので、どちらも時間を調べて二つ体験出来るように予約を入れた。

            朝は神社で初詣、すぐ帰宅して電車で日比谷へ。ちょうどマリオンのビルにカフェがあり、ランチの惣菜を買って、飲み物もセットして席へ行くという方式の店に。サンドイッチと本日の惣菜を二つ選び、後は待ってれば席まで持ってきてくれる。なるほど。

            中々都会の新しいビルなんて行かないし、これは初めてだなと娘も言ってたが、一緒だから入れたかも。時間調整にも実にピッタリであった。

            9階のプラネタリウムへ。入口の券売機、スマホを駆使して予約済のを発券。しばし待つ。

            先にVRの方を体験。一人ずつ予約した番号の椅子へ。卵型でデザインがもう近未来な感じだった。足元には荷物を入れる籠とブランケットも。頭にゴーグルみたいなヘッドセットをつけるんだが、初めてであたふた。説明はしてくれるし、うまくいかなければ係員が来てくれる。まあ何とか出来たが、3D映画のメガネとヘルメットが融合したみたいなものでかなり重くてビックリした。最後に耳にヘッドホンを当てて完成。他に手にリモコンみたいなのも持って、自分の色を教えられ、画面の中で手を動かずと一緒に動き、前進、後退などのやり方を練習する。

            参加してる人の色が違うので、画面みながら動くと近づけて触れる、みたいなことでコミュニケーションが出来るらしいんだが、勝手がわからない。

            案内の声とともにプログラムが開始され、都会の建物と星空、という映像の中を歩く感じになるが、うまく進めない。

            左右眺めて前進してるつもりだが、早くこちらに来ましょうと言われてしまうことが多かった。

            そのうちに川だかが出てきて森のエリアへ。

            上の星空もさらに近くというか、大きく見えるようだったが、やはり歩くスピードがわからなくて、一緒にやってる娘の色を見つける余裕もないし、皆さんがあなたを待ってます、と言われてまた焦って前進。

            最後にロケットが発射されて体験は終わり、ということだったが、重いゴーグルで画面を見ながら左右や上下に視線を送ると、なんか気持ち悪い感覚にも襲われてしまったので、

            また次にやるかと聞かれたら、まあもうこれはいいかなと答えるかも。

            無理に新しいものを体験しなくても、普通に鑑賞出来る映像のがあるから。

            3Dが苦手とかジェットコースターだめ、な人はやめた方がいいと感じた。TDLのスペースマウンテン、USJのハリポタアトラクションまでは乗れるレベルの自分でこれだった。


            次のプログラムを待つ前、そのまま隣のショップへ入って出る形式。だから狭い店内がかなり混雑してて正直げんなりした。

            落ち着いて何かを見るどころではなく、流れのままに押し流されてた。5分くらいすれば収まったから、やっと好きに眺める事が出来たが。

            また、ドリンクのカクテルが気になってたので何か飲もうとメニューを見たら、普段なら金曜日の夜限定というカクテルが昼間だがあったので迷わず選ぶ。シークヮーサーとビールのカクテル。サッパリして美味しかった。


            次のライブパフォーマンスまでの待ち時間でスマホで遊べるというのもやってみた。QRコードを読み込んでから、名前と願い事を20字以内?で打ち込んで送信すると、壁の中に反映して浮かびあがるし、自分がどこにいるかわかるような仕組み。面白かった。


            ライブパフォーマンスの部屋は、天井全部が寝転がって見られるようなビーズクッションが真ん中にあり、左右には椅子席。

            最初は銀座の交差点付近の映像が映されていて、案内人の説明とともに映像が変化していく。途中で夏祭り、みんなで踊りましょう、なんて言われて、振り付けの説明があり、律義に参加してる人もいたみたいだが、さすがにそういうノリはパスしたが。

            こうして後日振り返ろうとすると内容を思い出すのは難しいが、初めての体験としてはこちらはなかなか楽しかった。

            このプラネタリウムでは一般的な映像作品をまだ観てないから、次はそちらに参加したいなと思った。


            風雅 舞 * お出かけ * 22:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            2019年初詣。

            0

              2,3は箱根駅伝を見ていたので、ようやく4日に初詣。車でなら早く行けるから、と座間駅が最寄りの鈴鹿明神へ。

              しかしやはり三が日も過ぎてても参拝者が多く、駐車場に入れないので近くをさまよって止めた。

              屋台も出てるが、さすがに朝だからひっかからない。参拝もそれほど混でなくてよかったし、無事に御朱印もいただけた。


              風雅 舞 * お出かけ * 14:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              2018年の総括

              0

                10月末から忙しすぎた。

                箱根、仙石原のススキを見る。日帰り入浴もする。

                11月。初めて広島へ。NHK杯観戦と友人と再会。原爆ドーム見て宮島へ。

                娘と「そうだ。京都行こう!」で紅葉を見たくなって、結構急に決めてJR東海ツアーズのプランで1泊2日で旅行。

                宇治の平等院、醍醐寺(曇ってきてて拝観料が高すぎて見ないで引きあげる)、東福寺そして特別プランで東寺ライトアップ、青蓮院門跡ライトアップ、と日没後も頑張って回る。次の日、朝ホテルから散歩で西本願寺へ。北野天満宮へ。御土居の紅葉庭園満喫。その後は嵐電で嵐山へ。天龍寺庭園、宝厳寺と回って帰る。

                親戚に不幸があって、長野へ午後3時に葬儀にかけつける。同じ週だったので寒いしきつかった。

                もうこれで今年は旅はしないと思っていたのだが。

                12月は毎年追い詰められて悲惨な感じになるので、最初からジムはやめようと休会しておく。

                喪中でもあるし、年賀状やらないですむから楽かと思って、休みの日は美術館めぐりのつもりでいたのだが、またしても急遽京都大阪ツアーを敢行することになっちまった。

                娘が、会社のよその支店の人がこっちに来るのでTDSに付き合って行ってきたそうだが、いまいち絶叫系が苦手ということでその手の乗り物すべてスルーしてショーばかり見てきたということで、まあわざわざそういうのを見てなかったから、それなりにいい経験はあった、といいつつ、もっと乗りたかったとストレスが残ったという話を聞いていた。もう何年もTDSもTDLも行ってなくて、そういえばUSJに行ったのは2年前だねえという話をしていて、また行きたいね、と軽く言ったのだが、「じゃあ行かない?」とまたしても急にもりあがり、いっそクリスマスでもないし年末でもないこんな中途半端なとことなら空いてるかも、なんて。

                JR東海はツアーズのオフィシャルホテルと新幹線セットで行けば安く行けるし、1月も同じくらい値段で、と考えたのだが、1月にした時の問題がよさそうな日程あたりが例年雪があぶないので、できればその心配はないほうがいい、ということで、立て続けすぎるんだけど、12月に行くということになった。前回も大感激だったが、いくつかホテルがあるので、今度は別のところにしてみた。

                無事にチケットも手配し、初日は京都へ。銀閣寺、二条城、伏見稲荷。そして2日目はめいっぱいUSJ.3日目はなんば花月でお笑いライブ。これ終わってから新幹線がけっこうすぐだったので帰りは弾丸状態だったが、充実した。

                これらの詳細をブログに書くつもりで、いっぱい下書きはしてるのだがすべて未完成のままである。困ったもんだ。

                それでまあ着物も全然着れなかったし、美術展も無理やり頑張って3つ突っ込むくらい。週末になるとスケートのGPSも見てたからね。ファイナルとか全日本の感想もあるんだけど、そっちなんか下書きも出来てないし。

                例年どおり、大晦日も元旦も仕事だから最近は午前中掃除か買い出しかおかず作りでまたドタバタしてて、メールすら読んでられないので、1週間たまったのを消しまくる次第。いらんメルマガを配信停止にするのも面倒くさい。

                平昌五輪、2月だったんだよね。そして6月がワールドカップ。決勝トーナメントで、ベルギーと、2−0でリードしていたあの時間が夢のようだった。それもかつてないような、流れの中で放ったゴールでの得点!最後まで勝ちきれず逆転されてしまったのは残念だったし悲しかったけど、ここからまた1歩づつ歴史を積んでいってほしい。

                人生2度目の海外旅行も行ったし、まあ最後まですごくもりだくさんだった。

                小田さんツアーも行けたし、シングライクトーキングの30周年も参加できたし、スタレビまで行ったしね、音楽の方も参加できてよかった。

                股関節が痛いのは姿勢が悪く腰の負担で足が痛くなってるという原因がわかり、ストレッチをまじめにやってると少しはよくなってくるのがわかったので、今後も続けないと。来年はもう少し運動に復帰したい。

                後1日かあ。

                また最後の買い出ししてから残ったところ掃除して仕事しないとな。

                大晦日と元旦仕事で大変でしょと言われるけど、2011年からずっと毎年このパターンでもう慣れたし、自分はスケートの試合の観戦だけ休めればもうそれで充分だから平気。まあ今のところ、元旦の残業はさすがに避けたいとは思うが。それに、今の会社、年末年始出勤するとボーナスくれるというのでそれはありがたい!過去にはそんなこと一切なかったから。

                風邪もひかないでなんとか過ごせてよかった。

                風雅 舞 * 愚痴・ひとりごと * 23:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                スターダストレビュー還暦少年ツアー初日 ハーモニーホール座間公演 10.27(土)

                0

                   

                   

                  大人気バンドのスタレビ。35周年を迎えているとのこと。

                  地元の近所のホールから、この「還暦少年」と銘打ったツアーが初日スタートということで、それだったらもし出来れば行ってみたいと思った。しかしとっくに売り切れているので、だめもとでドタキャンチケットが出れば譲ってもらえるか、という作戦。

                  幸い、1枚譲ってもらえることになったので、会館内で待ち合わせという運び。

                   

                  ここに行く前に、ハーバリウムの材料などを扱ってるお花屋さんがそばにあるのを車に乗りながら見つけていて、そのうち行ってみたいと思っていたのだが、どうも休みというと雨やら台風やらでなかなか自転車で行けないパターンだった。ホールとそこがとても近いので、ちょっと先に立ち寄ってみようと思って出発。

                  中に入るとビックリするくらい、花材も豊富ならハーバリウム用のビンも何種類もある!!ピンセットもあるしオイルもあるし、絶対ここで色々買って自分で作るのにいいなと思ったんだけど、そんな、ついでの30分くらいで選べる状況ではなかった!

                  それでも秦野にある本店と比べると狭い、小さいとお店の方はおっしゃていたが、いやいやいや、十分素晴らしい。

                  あまりにも時間がなかったので、ひとつだけ完成品のハーバリウムをいただいて引き上げた。しかし後日そのためだけに時間作ってじっくり選びに行こう!

                   

                  慌ててホールに行くとすでに開場してしまった・・。待ち合わせのところにもう相手の方はいらしていたので、挨拶とお礼を告げてチケットを受け取る。後ろの方の席で、とおっしゃっていたが、あの小さいホールではとっても前の方だと思って感激だ。そうでなくても特に今回は根本さんの声を聞きたいということだけで、席はもうどこでもよかったので、本当に運がよかった。

                   

                  ここのホール、大昔に中を案内してもらったことがあって、音響にこだわって木を多用して作っているということだったので、田舎のホールだから席数も少ないし、超大物みたいな人はキャパが小さすぎるから使わない傾向にあるのは仕方がないんだけど、本当はこ程度のこじんまりしたところでやるほうが、一番後ろの人にもしっかり声も届くし一体感もあっていいのかなと思った。

                  歌手で言うと過去にはマーチンとかハウンド・ドッグのコンサートに参加したことがある。(絶対小田さんはやらないが・・・)

                   

                  雑な絵だけど、忘れないようにと描いてみた。あのように、遊園地のようなセットでビックリした。そして、時々MCになると観覧車の部分に映像を映せるスクリーンが上から降りて来て新曲の映像とか、今日のしゃべりに合わせた字幕みたいのが出て来てとっても面白かった!!

                  18:05開始。

                  ユニバーサル・スターダスト・ジャパンでUSJだと!

                  わくわくして楽しい気持ちをああいうセットにしたらしい。そして衣装、全員お客様を迎えるスタッフということで「つなぎ」を着ていた。根本さんが赤、他の人が紺とか、サポートメンバーの人もそういう格好。

                   

                  コンサートが始まる前に挨拶があり、発生練習をかねて、「青春の歌謡曲」は何?と聞いて少し歌わせる。

                  要さんは黛ジュンの「天使の誘惑」寺田さん?天地真理の「恋する夏の日」柿沼さん?尾崎キヨヒコ「また逢う日まで」

                  林さん?加山雄三の「君といつまでも」添田さん?キャンデイーズの「春一番」岡崎さん?近藤真彦の「スニーカーぶるーす」

                  ちょっと誰がどれだったのか区別つかないのでここはいっぱい違ってるが、選曲はそれだった。

                   

                  新しいアルバム「還暦少年」を発表し、これのツアーの初日ということだったので、ライブ演奏が初めてになるから、みなさんは聞いた事ないからぽかーんとなるかもしれませんが、などとしゃべる。

                   

                  追憶という曲の前に、スタレビの木欄の涙が有名になりすぎて、知らない人が知らない間にカバーまでしてるし、カラオケ番組でも歌われてるし、誰の曲なんだかわからなくなってますね。そしてスタレビのバラードというと木欄の涙、みたいになっていますが、隠れた名曲を歌ってみます、と。

                  また、恋するTシャツについては、自分の気に入ってる服というのは、向こうも自分を好きで出番を待ってたら相思相愛でいいんじゃないか、というようなことから歌にしたいと思ったけど、自分では詩が難しいので人に依頼した、そしたらやはりとても素敵な詩で出来上がった、というようなことを説明。

                   

                  休憩をはさんで、その間に席を動く人は出入りしていて、後ろでは縁日のように少しセットの設営をして、メンバーはそのまま雑談。こういうのも初めて見るので面白かった。

                  左側はスタレビのロゴの出店、洋服がいっぱいかかってる。お好み焼きの垂れ幕をキーボードの前につけたり、手のイラストの幕がコンガ?の前に貼られたり。右のほうはベンチ。

                  しばらくアコースティックなライブの感じでギターとコーラスで演奏。要さん以外の人がリードボーカルをする。

                  昔話。根本さんが始めたころはギターを持ってみんなで横並びでやっていたので、リードボーカルってのも特に決まってなかったのだけど、夢伝説くらいで要さんが一歩前に出た・・みたいになった。その時、横に誰もいないのですごく寂しいと思ったそうで。

                   

                  還暦少年のアルバムの中の曲を演奏し、最初にやった後「よかったです!」とメンバーを褒める(笑)

                  最後の方はリクエストをつのってラストの曲、ということでベスト5からスクリーンを使って発表。

                  アンコールで2位だった曲も演奏。

                  路傍の歌という曲で本当に最後に締めくくり。

                   

                  ロックあり、バラードあり、映像も使用し、セットも素晴らしいし照明も素敵で多種多用なステージ。

                  小田さんとも違うしシングライクとも違うけど、歌はうまいしコーラスのハーモニーが素晴らしく、昔のオフコースを彷彿とさせて懐かしさに胸が熱くなった。

                  彼らのデビューした時のツアー、一度だけ参加したことがあって、とってもスタイリッシュで爽やかなコーラスだったのは覚えているんだけど、あの80年代前半のサウンドの感じをいっきに思い出した。杉真理、大滝詠一、須藤薫のおしゃれなあの雰囲気!

                  オメガトライブとか五十嵐浩昭とか色々聞いてて、最終的にはオフコースから小田さんにまっしぐらになってライブはそれしか行かなくなったんで、スタレビは小田さん関連、竹善さん関連で曲は知ってたけど、ちゃんとライブに行ったのがそれこそ34年ぶり、みたいなもんだったのでまあ初めてに等しいのだが、本当に楽しくて、長かったけどそうは思わない時間だった。

                  20:35くらいに終了だったかな。

                   

                  まあ、終わってからチャリで帰れるってのもすごい地元の利ではあり、大変素晴らしい思い出となった。

                  風雅 舞 * music * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  湯花楽厚木店でのんびり

                  0

                    最近行ってなかったので、またふたりでお昼を食べて炭酸泉とサウナをやるか、と出かける。

                    本当は優待ハガキもあったので、エステをやりたかったのだが、この日に限って人気だったのか全然時間が合わなくて断念する。

                    入館と食事が少しお得になるプランで。ステーキ御前、美味しかった。

                    10月になっているせいか、外の露天の中でも温度が高めの湯もそれほど熱くなくていい感じ。

                    深湯、が夏場よりは1度高いくらいだけど、それでもぬるめで長く入っていられる。

                    ラジウムミストの部屋だけ調整中で使えず残念ではあった。

                     

                    内湯に移動した炭酸泉もじっくり汗が出てここが一番気持ちがいい。

                    麦岩石サウナ、女性用のスペースもいっぱいで入れなかったので、雑魚寝スペースで転がってマンガを読んだが、いつもよりも汗がたくさん出たような?

                    前はここで「ちはやふる」を相当たくさんよみふけったが、そっちも制覇したので、あらたに物色して「アルスラーン戦記」にしてみる。ハガレンを描いた荒川さんなので期待していたら、やはり素晴らしい。まだやっと3巻目の途中くらいだけど、今10巻くらい出てるようで、レンタルでいっきに借りようかなと思うくらい面白いなと。

                    ううむ、でも見るドラマもたまってるし、しばらく保留。

                    風雅 舞 * お出かけ * 23:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    甲斐路満喫のバスツアー

                    0

                      娘と以前行った風呂屋のキャンペーンでバスツアーの応募はがきをもらったので、ふたりで書いておいたところ、自分だけ当選。しかも、よくあるのは当選者は無料で同行者はいくら、というものなんだが、なんと今回は参加者どっちもかなりの格安で行けるというもの。残念ながら予備の日程を見ても娘は無理だったので、友人に声をかけたところ、参加出来そうということで申し込み。

                       

                      しかし、もう1週間前になろうとするのに連絡が来ないので、今日来てなければ中止なりなんなり知りたいから電話しようと思っていたまさにそのタイミングで参加決定、集合場所案内のハガキが来て一安心した。ただ、集合時間が6:40と結構な早さ!

                      起きれるんだろうか・・・。電車を調べ、ちょうどよさそうな時間と万一それがだめな時のと両方ちゃんと覚えた。

                      後は天気だけだ。あまりにも早いから起きてから洗濯干すのも無理だなと思って、前日の夜に終わらせ、曇りの予定だからまあいいかと外へ干す。それで寝坊厳禁だから早く寝て5時起きした。ところが、なんかイヤな音がしてて、外を見ると雨降ってるし!!

                      大慌てで洗濯物を部屋に入れる。幸いそんなに濡れてはなかったが・・・。

                       

                      荷物準備しておいたのに、着るものが難しくて悩んで遅くなり、おにぎり半分も食べられないしコーヒーもあまり飲めない。仕方ないからおにぎりはラップにくるんでかばんに入れて駅へ。その頃には雨はやや収まってて折り畳みささなくてもどうにかなった。

                      友人に連絡したが同じ電車じゃなかったみたい。集合場所には早めに着いたのに、すごいたくさん人がいて「ええ?時間間違った?遅くないよね?」と焦ったら、同じ旅行会社が別のツアーを企画してて同時にバスを手配していたので、別の号車で乗ろうとしてる人たちでごったがえしていたらしい。友人も1本電車のがしたものの、次のに乗れて間に合った。

                       

                      添乗員さんがすごい若い女の子だったのでビックリ。挨拶でまだ19歳の学生で外国人!でも日本語堪能で頑張っていた。

                      圏央道を使って山梨県に行くツアーである。

                      まずは談合坂サービスエリアでトイレ休憩をとったが、降りたら温度が7度?すごく寒かった。暑かったら脱げばいいけど寒いのは本当にしまったと思うので、1枚はウインドブレーカーを丸め、ロングスカーフも準備。ジャケットを羽織って来ただけだったが、ここでスカーフを首に巻いた。次にワサビ漬けセンター?入り口から出口まで一方通行にしておいて、試食させながら買物して出てもらうという設計。あまり買うつもりなどなかったのだが、試食したらどれも美味しいではないか。

                      まんまと作戦に乗っかって、わさび漬け、キムチ、栗まんじゅうなど思わず買ってしまった。

                       

                      次にモンデ酒造へ。前回ここに来てへべれけになって家族に迎えにきてもらったじいさんと女の子の話を聞いて、そりゃあぶないから気をつけようと思った。(朝からスキッ腹で飲んだらやばいだろう)

                      ぶどうにも色々な種類があるうえ、ワインに向いてる品種もそれぞれ違うらしい。なるほどね。

                      こんな風に樽がいっぱいあると本場だなあと盛り上がる。

                       

                      この後試飲出来る建物へ移動した。入り口で小さな紙コップを持って、注いでくれるのをもらう。新酒の白ワインが甘口で飲みやすくでとっても美味しい!!ドイツワインに近い感じ。いくらでも飲めそうだったが、さすがに朝だけにくらっときそうだったので注意してゆっくりゆっくり飲む。別の品種のとか梅酒とかあと3、4種類試飲出来たんだけど、用心してせいぜい4ミリくらい入れて味見程度に抑えた。

                      最初に飲んだのが一番よかったが、お値段もいいので、お土産用に2本セットの小さなスパークリングワインだけにしておく。

                       

                      その後はジュエリー工房へ。ここがかなり大きい会社でバスツアーの金額も半分負担してくれたというスポンサーということで滞在時間が長かった。何度かバスツアーに参加して、こことは違うけど同じようなコンセプトでジュエリー工房も見たことがあるので、そりゃダイヤモンドとか目の前で見られたものの、じゃあ安いから買おうというものでもないわけだし、社員さんが貼付いてきていかがですかなんて言われても困るだけ。そうそうに逃げ出して休憩室みたいなところで殆どの人が座り込んで時間をもてあました。

                       

                      次はぶどう狩り。やったことがないのでどういうものかなと思っていたら、結構大きな房のぶどうがたくさん出来ている。かなり大きな農園で、我々のやっていい畑がちょっと遠いくらいの広さ。はさみを持って奥へこいと言われ、畑の中のぶどうは食べ放題だけど持ち出しは禁止、余らないように食べきってくれとのこと。ベリーAという品種のだった。

                      そんなに大きいのは難しいと思ってキョロキョロしてみるが、なんかどれもこれもとても大きい。なんとかこれならと思ったのをひとつ切って口に入れると、とっても甘い!美味しい・・とは思ったんだけど、実はぶどうといってもデラウエアくらいしかふだん食べないので、巨峰系の大きいのって滅多に食べないし、食べても一房を誰かと分けるとか、4、5粒だけちょっと食べるという程度しかしてなかったので、大きいのをいきなり全部1人で食べるなんてなかったせいか、4分の1くらいまで食べてもうお腹一杯になってきたし、正直飽きてしまった。しかし手に持ってるから責任をとって食べなければならないのだが、食べても食べても全然減って行かないような・・・。もう一生分のぶどうを食べたと思う。必死に食べ続けても終わらない。時計をみてしまうくらい。

                      20分くらいはずっと食べてたんじゃないか?2つめ、3つめを切ってる人もいたが、そりゃよほど小さいのを選んだのかね?あんな大きいの、2つなんて考えられない!!

                      「もう無理」「お腹いっぱい」とずっとぼやいてて、食べ終わった時はもうやっとこさという気分。

                      これで一生ぶどう狩りはしないだろうし、店で買うこともないかもしれぬ。バスツアーの料金にはお昼のご飯代にこのぶどう代も入ってるから、絶対格安で損してないんだけど、そもそもフルーツ興味ないからここだけは向いてなかったな。

                       

                      次がハーブ庭園。ここの庭がきれいでもっとゆっくり全体を見られるんかと思いきや、案内の兄ちゃんに強制的に誘導されて全然見られなかった。ステビアという葉、においもしないのに食べられて、それも甘い、など体験させてもらったり、ローズゼラニウムの化粧水や乾燥させたのを入浴剤にするといいとか、勉強にはなったんだけど、そういう説明や商品販売のための誘導とは別に庭をもっと見たかった。それでも化粧水とクリームがさらっとしていてよかったので、ローズゼラニウムの苗もお土産にした。

                       

                      14時からやっとお昼ご飯というので遅いなと思ったけど、12時頃ぶどうでお腹いっぱいだったのでちょうどよかったのかも。

                      おこわのせいろ蒸し、ポークしゃぶしゃぶでまあ満足。

                      最後は河口湖の大石公園。バスを降りたら紬、という字が見えて、大石紬というのがあるらしく、町営の施設があったので友人につきあってもらってちょっと見に行く。着物をリフォームしている洋服がいくつかあったり、帽子とかバッグとか色々あってきれいだったが、まあ見学で終わった。

                      次にコキアを鑑賞ということで楽しみにしていたんだけど、途中山のせいか小雨がぱらついて、止んでも雲が多かったせいで富士山は全く見えず。そしてコキアが思ってたのとは違った・・。もっとたくさんあってそれが赤くなってるイメージだったのに、なんかポツ、ポツとしか植わってないうえ、日当りのいい一部のみが赤くなってて、半分は青いみたいな・・。

                      外国人観光客がいっぱいいたし、温度が低くて寒かったのにソフトクリームを食べてるんでビックリした。

                       



                      ここを16:30出発であとは帰るだけ、とはいえすぐ暗くなってくるし、高速降りると渋滞してたが、まあまあ予定くらいで到着したのは幸い。なんとか傘もささないで済んだからよかった。

                      風雅 舞 * お出かけ * 22:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ